023.収入と幸福感の相関関係は?

収入はある程度必要だと思います。
楽しみながら稼げる、を突き詰めていくと自然と幸福度は上がってくると思います。

「とりあえずの幸福を抜けた先は?」
買うという行為には飽きてきます。
今それをできない人をできるようにするのが、ぼくらの役目だと思います。
自分が手に入れるより、他人が手に入れられるようになりました、のほうが喜び100倍です。
自分の喜びには慣れますが、人の喜びには慣れません。
ありがとう、を受け取る時代になってきたのでは?

でもまずは「商売人の学校」に入って稼ぐべき。
自分の喜びも満たされない人は他人も満たせません。
ガンガン稼いでいきましょう!

ぜひ、感想や質問をお寄せください。
ポッドキャスト:http://shoubainin.com/podcast/

022.腕はいいのに、リピート客が増えない…

蔵楽さんも宮崎さんも最初はリピートがほとんどありませんでしたが、今は9割以上がリピートすると言います。

リピート率が上がる前までは、来た方に「また来てくださいね」と言うだけでしたが、次の行動をちゃんとこちらが提案するようにしました。
例えば「次どうしますか」ではなくて
「21日の何時に来れますか、23日の9時も空いていますがどちらにしますか」
と提案してあげると、その後のお客様の行動が変わってきます。

今までは断られるのではとビビって提案していませんでしたが、実際に聞いてみると断られませんでした。

これはどんな業種にも応用できます。
全世界の全業種の人が
「商売人の学校」に来たらいいと思うよ!

ぜひ、感想や質問をお寄せください。
ポッドキャスト:http://shoubainin.com/podcast/

021.なぜ商売人の学校の講師をやろうと思ったのか?

ゲストに商売人の学校の講師・蔵楽俊樹さん、宮崎圭太さんをお迎えしています。
二人とも真摯で、信頼でき、奉仕の精神があり、増田が最も信頼する方々です。

「なぜ商売人の学校の講師をやろうと思ったのか?」
蔵楽さんは、商売の楽しさを商売人に知ってもらいたい、日本を元気にしていきたい、という増田の理念に同感して、この学校に関わりたいと思ったそうです。
宮崎さんは、増田は僕にとってヒーローだと言います。その人から声がかかったというのは宮崎さんの中で大きく、やらせていただきたいと思ったそうです。

「講師をやっていてよかったなと思う時は?」
自分がアドバイスしたことを行動して結果を出したと報告してくれた時です。

ぜひ、感想や質問をお寄せください。
ポッドキャスト:http://shoubainin.com/podcast/

020.【福岡空港から】停滞をどうやって乗り越えてきた?

ゲストに蔵楽俊樹さん、宮崎圭太さん、中野智彰さんをお迎えして、

鹿児島の知覧からの帰り、福岡空港からお届けします。

 

「停滞をどうやって乗り越えてきた?」

なぜそれをやるのか、目的意識を持ちました。

自分で考えないで、人に聞いてそれをやりました。

 

「ずっと停滞している人はどうしたらいい?」

そういう人は、変わりたくない人、言い訳することでメリットを得ている人です。

その人にとっては幸せなのかもしれません。

 

結局のところ、仕事がおもしろくなければ停滞すると思います。

ぜひ、聞いている方たちには楽しい仕事をして欲しいです。

自分たちが生まれてきた使命を今一度考えると停滞を乗り切れると思います。

 

ぜひ、感想や質問をお寄せください。

ポッドキャスト:http://shoubainin.com/podcast/

019.【沖縄特別編3】増田から学び続ける理由/組織の在り方

沖縄特別編もいよいよ最終回。

美容師の永森博昭さんをゲストにお迎えして空港からお送りします。

 

「なぜ永森さんは年下の増田から5年も学び続けているのか。」

年齢は関係なく、若い人から学びたいと思いました。

大事なことは経験ではなく、その人の持っているものです。

 

「スタッフとどうやって同じ方向に向かえばいいのか。」

ビジョンや理念も大事ですが、共通言語をたくさん作っておくこと、

言っていることが分かるようにすること、システム化が大事です。

 

最後に、良い人は良い会社にしか行きません。

良い人材が欲しければ、自分の会社を磨くことが大事です。

 

ぜひ、感想や質問をお寄せください。

ポッドキャスト:http://shoubainin.com/podcast/